トップ

水素水とがん予防

水素水はがん予防にも効果あり

がん予防もできる有能な水素水

3年前、仕事が好きで、家族のことはもっと大好きで、いつも穏やかだった父ががんで亡くなりました。もともと父方はがん家系ではあったのですが、それでも健康に気遣っていた父ががんで亡くなったのは私にはとてもショックな出来事でした。

健康に気遣っていた父までもがんで亡くなってしまったので、私は一般的な健康食品にはちょっと懐疑的な部分が人より強くありました。しかし、1つだけそんな私が気になって仕方ない健康アイテムがありました。

それは水素水。数年前から健康や美容方面で話題になっていた水素水でしたが、3年前はそれほど取り上げられることがなく、父は水素水は試したことがなかったのです。そんな水素水について、私はたまたま美容院で眺めていた雑誌で特集を目にしました。美容系の雑誌だったので、そこには水素水がアンチエイジングなどに効果的であることが主に書いてありました。

ただ私が気になったのは、水素水がアンチエイジングに効果的なその理由でした。水素水には強い抗酸化作用があるので、細胞の酸化を防いでアンチエイジングにつながると書いてあったのです。細胞の酸化を防ぐとか、強い抗酸化作用によって悪玉活性酸素を取り除くというのは、そのままがん予防にも効果的な内容だったのです!

それから私は水素水ががん予防になるのでは?と色々な情報を集めました。するとやはり水素水はがん予防になることが判明!水素水は名前の通り水素を豊富に含んでいる水のことなのですが、この豊富な水素が体内の悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル)を取り除く効果が高いと分かったのです。

この効果は最初に知った美容効果はもちろん、生活習慣病(高血圧など)の改善・予防にも効果があり、悪玉活性酸素を取り除くことで細胞のがん化を防ぐことにも効果が高いということだったのです。ただ製造元や販売元がしっかりしている水素水はやっぱりちょっとお高め。

毎日のこととなると経済的に何かを我慢する必要もあります。しかし父のことを思えば、やはり水素水を取り入れてがん予防に努めるべき!と思えたので、私は日々のコンビニスイーツ習慣を止め、水素水を生活に取り入れることにしました。

でも本当に水素水を生活に取り入れようとすると、非常にたくさんの種類があることにびっくり。まずは水素水はメーカーによって水素の含有量が異なるんですよね。他にもペットボトルの水素水があれはアルミパウチの水素水があったりと、形状も様々。選び方に自由度が高い分、どれを選ぶのが正しい選び方になるのかもわかりませんでした。

そこで私が注目したのはやはり含有している水素量。水素水は現在、0.08ppm以上を含んでいるというのが学会が示している基準です。しかしこの最低ラインをクリアするだけでよしとせず、がん予防ができる濃度の水素水について調べてみました。

そうすると、がん予防のための効果的な水素水の選び方は、1.2ppm以上の水素を含んでいる水素水が良いということがわかりました。ただ水素水に含まれている水素は分子が小さい水素なので、アルミ缶入りやペットボトル入りの水素だと、ある程度はパッケージをすり抜けて外部へ逃げています。ですから本当に濃度の高い状態の水素水を選ぶならアルミパウチの水素水を選ぶのが良いのです。

こうした選択肢で水素水を探すと、トラストウォーターという水素水がヒットしました。このトラストウォーターはアルミパウチで水素量も十分と、私が求めるがん予防のための水素水としてはぴったりでした。