トップ / 水素水の効果的な摂取方法とは

水素水とがん予防

水素水の効果的な摂取方法とは

効果的に水素水を摂取する

美容や健康維持に注目の水素水。私が取り入れたのはがん予防のためでした。ですから、私にとって水素水を飲み始めて、日々続けるというのは、ちょっと自分の寿命にも関わる健康対策に足を踏み入れた感じが強かったですね。

こうした事情もあって、私は水素水を飲み始めるにあたって、より効果的な摂取方法について自分で研究していました。最初に試したのは入浴前に水素水を飲むこと。

水素水には強い活性酸素除去能力があるのですが、人間の体において悪玉活性酸素が増えるのは身体的な負荷がかかる時。日常生活の中で日々やってきて、しかもある程度の体に負荷のかかる時間というと入浴だと思えたからです。

活性酸素が多く発生するだろう入浴前に水素水を摂取しておけば、悪玉活性酸素をやっつけるのも、そもそも発生させることも抑えられると考えたからです。実際に活性酸素ができる前に水素水を飲んでおくと良いという情報を得た時は嬉しかったですね。

次に水素水を飲むタイミングで試したのは就寝前。活性酸素のストレスを1番溜め込んでいるのは夜、寝る前だと思ったから。水素水は1日に何回かに分けて飲む方が良いということも聞いたので、私は起床時、入浴前、就寝前の3回に分けて飲むように心がけています。

こうして1日3回、こまめに水素水を摂取するようになって、以前より体が軽く感じるようになりました。入浴前に水素水を飲むことで、飲まない時より明らかに血行が良くなり、手足の先の冷え性が少しずつ解消し始めたのも嬉しかったですね。

就寝前の水素水は、疲労回復をサポートしてもらっているのか、翌朝すっきり起きられる日が増えました。他にも人によっては、日常の中で仕事の会議前など、ストレスが溜まりやすい時間帯の前に飲むと精神的に落ち着きやすくなるというのも上がってきています。