トップ / 水素水は普段の料理にも活用できる

水素水とがん予防

水素水は普段の料理にも活用できる

水素水で毎日の料理を美味しく

水素水を取り入れるにあたっては、最初に「飲用水」として始めました。しかししばらく(1か月ほどですね)水素水を飲む習慣を続けてみて、体が軽くなる感じがしたり、寝起きがすっきりする感じを効果として得てきていた私は、もっと水素水の効果を得たいと思うようになりました。

そこで、飲むだけでなく料理にも水素水を応用してみようということにしました。私は毎日お味噌汁を飲むのですが、最初はこのお味噌汁に使う水を水素水にしました。すると出汁を変えたわけでも、具を高級品にしたわけでもないのに、お味噌汁の味がグッと美味しくなったんです。これは水素水のもつ「浸透力」が具材の奥にまで出汁やお味噌の味を染みさせたためかな、と思っています。

この経験で水素水の料理活用がイケル!と実感した私は、次に煮物で水素水を使いました。するとやはりいつもより味が浸透した美味しい煮物が出来上がったのです。これはちょっと料理の腕が上がった感じがして嬉しかったですね。

他に料理と言えるのかわかりませんが、水素水の活用法としては、「しなびた野菜復活術」というものに気づきました。水素水は細胞を活性化してくれるので、ちょっと萎びてしまった葉物の野菜を水素水に浸しておくと驚くほどシャッキリしたのです。これは野菜をついダメにしてしまう私には本当に嬉しかったですね。

またやはり「水を調理で使う」となると日本人ならやってみたくなるのが「お米を炊く」ですよね。私も水素水でお米を炊いたのですが、新米でないお米でもふっくらツヤツヤに炊けたことに感動。私は節約のためにたまに古米を買うのですが、古米でもとっても風味よく炊けたのは水素水の力に心から感動した瞬間でした。